<   2014年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Er:YAGレーザー

こんにちは、矯正担当医の壽子です。

今回のブログも当院の誇る診療設備について1つご紹介します。

診療室の片隅に普段は並んでいますが、必要なときに運ばれてくる凄いヤツ!
morita社のEr:YAGレーザーです。(エルビウムヤグレーザーと読みます)

f0205412_12481938.jpg

このレーザーは、厚生労働省が
日本で唯一「虫歯治療に使うことを認可したレーザー」なんです!

歯科医院で使用されているレーザーは、何種類かあります。
「半導体レーザー」「CO2レーザー」「ネオジウムヤグレーザー」などが多く用いられており、
それぞれ波長が違うため、使用できる得意分野が異なります。

この、Er:YAGレーザーは、非常に応用範囲が広いことも特徴で、
軽度の虫歯治療、歯石除去、オペ後の止血、オペ後の血行・回復促進
インプラント周囲の消毒・消炎、口内炎の緩和、歯肉のメラニン除去、などに使用できます。

他では、半導体レーザーなども使用範囲が広く、比較的安価だったため
歯科医院の間で一時期ブームになりました。
しかし、レーザー光線が体の深いところまで到達してしまうことで、腐骨の発生や深部神経の損傷などの
副作用が報告されたため、最近ではあまり好んでは用いられなくなりました。

Er:YAGレーザー応用の例がこのシートの裏表に書いてあり、出力モードと先端のチップを
その状況に合わせて選び、使用します。
f0205412_13212093.jpg


先端のチップも何種類もあり、個別で滅菌して使用しています。
f0205412_13303842.jpg


ただ・・・、このたくさんのモードの中で国が
「保険診療として算定してよい」と認めているのは軽度の虫歯治療だけです。
しかも、適応できる虫歯はある程度限定されるうえに、その点数も微々たるものなので、
保険での虫歯治療のためにこのレーザーを買う、という歯医者はまずいません。

なぜなら・・・、この装置一台ウン百万円するのです。しかも、定期的な機械の
メインテナンスにも維持費がかかります。
なので、微々たる保険点数のために購入しても、歯科医院は大赤字になってしまうのです。

しかし、応用範囲は数あるレーザーの中でも最も広く、さらに人体への安全性は国のお墨付きなので、
当院では、採算度外視でさまざまな場面で使用しています。

一番みなさんに身近で驚かれるのが、「口内炎」の治療です。
口内炎になっている歯肉または舌の表面を、蒸散させ、その痛みを和らげます。

ただし、これは当院へ治療にみえた患者さまへの完全なサービスとして行っていますので、
これだけを目的としての受診はお断りいたしておりますので、ご了承ください。


セントラル歯科 矯正歯科クリニック
http://centraldc.racms.jp/
[PR]

by siodent | 2014-08-08 13:44 | 機械・設備