<   2013年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

インビザラインの導入

こんばんは。
矯正担当医の壽子です。

かねてより興味のあった、マウスピース矯正の導入のため、
先日講習を受けてきました。

今回導入するのは、アラインテクノロジー社のインビザラインというシステムです。

大学にいたころも、治療後の後戻りなど、部分的に歯を動かすのに
マウスピース矯正は良く用いていましたが、
最初から最後までマウスピースをメインの装置として使用するには、
装置を使う上での注意事項や、考え方も通常の治療とは少し異なりますので、
しっかり勉強してきました!

日本でも、「目立たない装置」としてマウスピース矯正は多く用いられるようになり、
何社・何種類も製品が出ています。

その中で今回インビザラインをまず導入したのは、
この製品は矯正の経験がある程度豊富なドクター向けであり、
矯正専門医の諸先輩方も導入されているからです。

5年以上の矯正臨床の経験、かつ大学やそれに準じた施設での矯正治療の研修経験が
ある先生で無いと、このインビザラインシステムは導入できないようになっています。
(矯正専門でない開業医の先生が、少し講習を受けただけでも導入できる
マウスピース矯正のシステムは実はかなりたくさんあります。)

以前はマウスピース矯正というと、症例の選択範囲はかなり限られていましたが、
近年重度の症例でも対応できるようになってきているようです。

講習会で提示された、詳しい治療例なども興味深いものでした。
また、クリンチェックというかなり詳細な専用ソフトウェアを使用しており、
ドクターによるこだわりの違いや、患者さんの要望などにも応えやすくなるようです。

f0205412_1758326.jpg


今後も、適応症をさらに広げられるよう、勉強していきたいと思います。
マウスピース矯正に興味のある方は、どうぞお問い合わせください。

おまけ↓

講習会のあった有楽町は、イルミネーションがとってもきれいでした。
f0205412_20385759.jpg


セントラル歯科 矯正歯科クリニック
http://centraldc.racms.jp/
[PR]

by siodent | 2013-11-25 20:39 | 機械・設備