<   2010年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

外科用超音波装置

新しい治療器を導入しました。
機械の名前はサージボーンといいます。
一般に口腔の骨の処置には切れ刃のついたバーを回転させて使用したり、
ハンドツールとしての各種刃物が使われます。

回転器具は効率はよいのですが、回転熱が骨組織にダメージを与えたり、
骨の密度の差があったり、曲面の部位では、コントロールが難しく、
きれいなカットができにくいことなど、
口腔の微細な処置に際して不都合がありました。

この装置は、チップ先端の刃に超音波振動を伝え骨を切削することができます。
目に見えるほどの動きは感じられないのですが、
静かに骨が切削される感じは、今までの回転式のバーとは異質の感覚です。

また、粘膜などの軟組織は先端が当たっても切れません。
この特性を活用して、今まで困難であった骨の厚みの足らない部位に、
新たにスペースを確保してインプラントを植立できる可能性が広がります。

腫れや痛みの症状の出現も少ないです。
使用法についてさらに工夫を重ねていきます。
[PR]

by siodent | 2010-01-31 21:37